Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nakuco.blog89.fc2.com/tb.php/6-605bf304
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

漠問梅花香自苦寒來之 序


即使天宮再美,身旁的歌舞不斷,斬風依然目不轉睛的望著蒼雲間那一輪殘月,俊美的輪廓在潤玉般的月光中時隱時現,他依然如往

昔一般,雙唇緊閉。雲柳般的長眉微微一皺。雙瞳遙望天際,恍惚間,在那深邃的目光中似飄過一絲傷愁,卻隨即在那朱砂般的柔發

中消逝待盡,只留下滿目的淡漠與冷熱。
“斬風上仙,爲何不進太殿一度共歡?”華麗的殿堂中走出一位素白長衣的女子,白如雪的肌膚在月光中似要侵透進去一般,一雙媚

眼卻因爲殘月下那華麗脫俗的身影再也移不開,斬風緩緩轉身,目光遊移到不遠處素白的纖細身影,只見那身影微微一顫,蒼白如雪的

臉頰頓時浮起一團紅暈。
“你是...”斬風淡然到,聲音是如絲般輕卻有種不可思議的帶著一種居高者的壓抑。
白衣女子低頭柔聲到“雪梅仙子”
“原來是王母娘娘身邊的白梅”說話時的目光又轉回了那輪冷漠的殘月。
雪梅一聽心中一絲竊喜,原來斬風上仙知道自己...
這時雪梅注意到上仙又如剛才一般注意力全在那論殘月中,長發紛飛,高挑的身影在雲端宛若孤寂蒼鷹,在那英輪的月光的柔侵中翻

轉著侵人心腑的華美如同那是一副絕美的畫一般,雪梅仙子竟看得癡了...
“爲何做仙?”
淡如水的音磁撥動著雪梅的每一根心弦,她甚至懷疑是不是自己聽錯了?威懾四方,在仙界傳說般的人物斬風,竟會主動開口對象問

僅是一個剛剛入列仙家的一株雪梅,心裏又驚又喜的回答道“世間萬物,受輪回之苦,修千年道行,不都是爲成仙嗎”
展風依舊孤立不動,仿若雪梅仙子的話不過是過耳雲煙,仿若他不從曾提出剛才那另自己一直無解的問題,但他雙嵌卻飄向了西方,

只見他輕揮衣袖頓時間便漸漸的消失在雲端之中。只留下孤寂的殘月、蒼雲、還有那華殿裏的喧囂、和依然矗立在那裏的素白背影...
那是雪梅第一見到斬風,也是最後一次在華殿上爲月中殘影迷醉,因爲在五十年後的仙魔大戰中,她被扁入凡世,受白世輪回之苦。

罪名——與魔族勾結。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nakuco.blog89.fc2.com/tb.php/6-605bf304
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

今日の迷言。

プロフィール

愛借糖吃啦﹌

Author:愛借糖吃啦﹌
自我介紹:遠離人群/三次無力/逃避ON
糟糕並羞恥著*╯ω╰ *
既宅又腐前途未卜

ニコニコ

Cbox

応援

APH網路禮儀
APH網路禮儀
普憫受同盟独普同盟
普憫受同盟
ドイツ騎士団プロイセン同盟 ふらふらフランス兄ちゃん

露中同盟 若仏子英同盟惡友同盟

北米双子同盟 米総受

カナダさん同盟 アメリカ至上主義 加 スペロマ同盟 我らがロシア様同盟

中★Allied Forces Union★萌えこそ正義だ!

APH-普憫受溺愛-現代架空耽美小說本

かぐぁみねレン

ブログ内検索

Vocaloid

顔文字教室

顔文字教室

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。